Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Thu, 30 Sep 2004 14:46:05 +0900
From:  Takashi Matsuo <tmatsuo (at mark) 10art-ni.co.jp>
Subject:  [coba-o:00977] Re: サンプルアプリケーション sample-edit-config
To:  coba-o (at mark) bluequartz.org
Message-Id:  <415B9D9D.9050203 (at mark) 10art-ni.co.jp>
In-Reply-To:  <040930093408.M0126279 (at mark) mfc.bakkers.gr.jp>
References:  <040930093408.M0126279 (at mark) mfc.bakkers.gr.jp>
X-Mail-Count: 00977


松尾です。

やすださん
ありがとうございます。

Yutaka Yasuda wrote:
> やすだでございますー。
> 
> 松尾さんおおきにー。
> 
> 
>>sausalito 学習の過程として、システムの設定ファイル書き換える
>>サンプルアプリケーションを書いてみました。応用すれば、本格的
>>なサービスコントロールUIが書けるでしょう。(多分)
>>
>>http://bluequartz.10art-ni.co.jp/samples/
> 
> 
> 試してみましたー。
> 
> 対象は手元の完全 FC1 reference kit モデル。
> これに開発環境用として gcc などをインストールしたのみ、という状況です。
> (see; http://bluequartz.org/docs/fc1kit/gcc-j.html )
> 
> 私、Linux 初心者でして(^_^!) RPM のこのあたりの事ってほとんど分からない
> のですが、てさぐりで rpm の build と install をやってみました。
> 慣れた人には馬鹿みたいな話でしょうが、ま、とりあえず、
> 
> ・rpmbuild パッケージをインストールしなければ。(@_@!)
>  (昔は rpm -bb とかなんとかやっていたようなオボロゲな記憶が、、)
> 
> ・rpmbuild を入れようとしたら patch も新しくしろと。とほほ。。。

# yum install rpmbuild
やすださんは yum とかはお嫌いでしたね。でも楽ですよ ;)

> ・cced を restart しなくてもメニューは出てきて、まるでちゃんと
>  動作しているように見えるんだなあ。。。(T_T)
>  (けどハンドラか何かは動かないようで、/etc/sample.conf ファイルは
>   できない。。。こういうときに「CCED を restart してください」
>   とか「システム再起動が必要です」とか言わせることは出来ないの
>   かなあ。。。まあ rpm install する方がいけないんで、普通は
>     Cobalt pkg install させてそこでは再起動も含めて対応しちゃうべき
>   なんでしょうけどね。。。)

これは、ちゃんとしたアプリケーション(例えば mailman とか)の場合は
pkg で対応したいですね。

> てな感じで。うんうん、ちゃんと動きますねえ。
> 
> まずは報告まで。
> 
> #きっと後からこのアプリについての解説が載るものと期待。。。(@_@)

解説は、、、
はい。そのうちにやります。 ;)
とにかく、お試しくださってありがとうございました。

-- 
Takashi Matsuo <tmatsuo (at mark) 10art-ni.co.jp>
GPG Key fingerprint =
87B6 0212 D28E 2905 BD32  4C83 C0ED 2BDB C129 164E