Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Thu, 4 Mar 2004 20:11:54 +0900
From:  Yutaka Yasuda <yasuda (at mark) mfc.bakkers.gr.jp>
Subject:  [coba-o:00434] モデル番号
To:  coba-o (at mark) open.cobaltqube.org
Message-Id:  <040304201154.M1605117 (at mark) mfc.bakkers.gr.jp>
X-Mail-Count: 00434

やすだでございますー。

そうそう。

ミーティングで帆足さんから出ていた話ですが、モデル番号を決める
ようにしようかなと思っています。

つまり安川さんとか Turbo さんとかがやっているポーティングは
ユーザ会のポーティングとは互換性がありませんので、今後、パッチを
BlueLinQ みたいなもので提供するときにバッティングする可能性が
あります。

または非常に奇特なサードパーティの方が Blue Quartz ベースで動く
アプリケーションを作って下さるかも知れません。(^_^!)

そう言ったときのために、モデル番号が 5100 だけじゃなく、異なる
ものにしておいたほうがいいだろう、というわけです。

そんなにたくさんの分岐が出来るとも思っていないので、例えば
ユーザ会 BlueQuartz は 5100 ですので、割り当てリクエストが
くるたびに、じゃ、A 社さんのは 5110、B 社さんのは 5120、根性の
ある人がやってる BSD への移植プロジェクトもリクエストをくれたので
5130 、というぐあいに 10 ずつ振っていったらどうかなと思っています。

番号管理はユーザ会がやる、ってことで。

#別にそれに従わなくてもたいしたことないので単に念のため、って
#感じの紳士協定を提案してると思って下さい。

どうでしょう?

でわでわ						Yasu.