Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Wed, 3 Mar 2004 01:21:05 +0900
From:  "ikeuchi" <ikeuchi (at mark) ktt.co.jp>
Subject:  [coba-o:00429] Re: Mini how-to: BlueQuartz on RH9
To:  <coba-o (at mark) open.cobaltqube.org>
Message-Id:  <003001c40072$5d13b1a0$4c01a8c0@lv53>
References:  <040229214253.M0700491 (at mark) mfc.bakkers.gr.jp> <003001c3fedb$c4a0a0a0$4c01a8c0 (at mark) lv53>
X-Mail-Count: 00429

いつもおせわになってます 池内です。

[coba-o:00422]に対する自己レスです。

> 実は、この方法でインストールすると追加モジュールの
> base-dns-glue-1.1.0.93BQ2.noarch.rpm
> がインストールできませんでした。(原因調査中)
> よってDNSがうまく動作しません。
> とりあえず
> chown -R named:named /var/lib/named
> とすることによりDNSは動作しますが・・・

base-dns-glue-1.1.0.93BQ2.noarch.rpm
がインストールできないというのは、
私の操作ミスでした・・・
追加モジュールはアップデート(rpm -Uvh)しなければいけないのに
インストール(rpm -ivh)しようとしてました・・・ 大変失礼いたしました

一応その部分を一部記述を変更してインストールメモを修正しました


coba-e:00306に詳しく記述されたインストール手順がアップされていますね
それをそのまま翻訳しようかなと思いましたが、ちょっと内容的にすこし「?」と思
うところが
ありますので、また別の機会に・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
BlueQuartzインストールメモ Ver0.2

まずRedHat9をインストールする。
その際のポイントとしては下記のとおり
・インストールのタイプはカスタムを選択する。
・ディスクパーティションの設定では
  /home と /var は独立したパーティションとする
・ネットワークの設定では任意の固定IPアドレスを設定する
  (DHCPによる設定は行わない)
・ファイアウォールの設定は「ファイアウォールなし」を選択する
・インストールパッケージの選択では「最小構成」を選択する

RedHat9のインストールが完了した後、RedHatのCDに格納されている
下記のモジュールをインストールする。
 bind-9.2.1-16.i386.rpm
 curl-7.9.8-5.i386.rpm
 expect-5.38.0-88.i386.rpm
 gd-1.8.4-11.i386.rpm
 httpd-2.0.40-21.i386.rpm
 imap-2001a-18.i386.rpm
 libjpeg-6b-26.i386.rpm
 libpng-1.2.2-16.i386.rpm
 libxml2-2.5.4-1.i386.rpm
 mod_ssl-2.0.40-21.i386.rpm
 nss_db-2.2-20.i386.rpm
 perl-DB_File-1.804-88.i386.rpm
 php-4.2.2-17.i386.rpm
 tcl-8.3.5-88.i386.rpm
 telnet-server-0.17-25.i386.rpm
 xinetd-2.3.10-6.i386.rpm

続いてquotaの設定を行う。
・/ets/fstab のファイルを編集し、/homeの記述されている行を下記のとおり変更
する
 LABEL=/home     /home   ext3    defaults,usrquota,grpquota      1 2
・次のコマンドを実行し、quotaを有効にする
 /bin/mount -o remount /home
 /sbin/quotacheck -c -u -g -a
 /sbin/quotaon -aug

BlueQuartzのインストールを行う
・BlueQuartz-5100R-20040219.tar.gzを解凍し、そこにあるinstall.shを実行する

更新モジュールのインストールを行う
・BlueQuartzのFTPサイトのupdate/RPMSディレクトリ内にある下記モジュールをアッ
プデートする。
 (rpm -Uvh を利用)
 base-dns-capstone-1.1.0-93BQ2.noarch.rpm
 base-dns-glue-1.1.0.93BQ2.noarch.rpm
 base-dns-locale-en-1.1.0.93BQ2.noarch.rpm
 base-dns-locale-ja-1.1.0.93BQ2.noarch.rpm
 base-dns-ui-1.1.0.93BQ2.noarch.rpm

以上でインストール作業は終了

ブラウザから http://IPアドレス/login に接続するとインストール時に指定した
ログイン画面が表示されるのでID: admin PASS: admin を指定する。

ここから先は、いつもの画面なので説明は不要でしょう・・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

/////////////////////////////////////////////////
株式会社関西テレコムテクノロジー
 ビジネスソリューション事業部
 システムコンサルティンググループ
      池内 正晴 (Masaharu Ikeuchi)
           E-Mail: ikeuchi (at mark) ktt.co.jp
/////////////////////////////////////////////////