Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Sun, 25 Jan 2004 00:22:46 +0900
From:  Yutaka Yasuda <yasuda (at mark) mfc.bakkers.gr.jp>
Subject:  [coba-o:00333] Re: ロゴとマーク
To:  coba-o (at mark) open.cobaltqube.org
Message-Id:  <040125002246.M0331108 (at mark) mfc.bakkers.gr.jp>
In-Reply-To:  Your message of "Sat, 24 Jan 2004 23:14:47 +0900".	<20040124225938.48076093.-304790940 (at mark) s-direct.com>
X-Mail-Count: 00333

やすだでございますー。

> いや、商標権等は、自分の物的に使わなければ問題ないって物では
> ないですので・・・・^^;

おおっと。もうちょっと込み入った話ですかね。

(どこまでが許容範囲か、という線引き位置の話(量的な話)かな。)

> 逆に、こちらから「Cobalt」と言う商標と思われる名前を使ってし
> まって良いですか〜?って関係者に聞いてしまい、OKを貰ってしま
> うのも手だと思います^^;

この点は Cobalt Users Group を作った最初の時点で了解をもらって
います。

#なんにでも使って良い、ってことでは勿論無いですので念のため。

基本的にそういう方法でやってきたというのが今までのところ。

法的、ビジネス慣習的な面の両方とも、僕はよくわかってないです。
はい。国内のことも、国際的なことも共に。。。。

> また、もしもの話で、Cobaltというブランドイメージをサン社から
> 他の会社の移管された場合も・・・と考えると、ちょっと不安です

あー、Cobalt が Sun に買収された時点で少し考えましたが、結局
日本のスタッフがそのまま残って問題なく継続できたので、僕らも
今の状態を継続してますね。

これ以後ブランドが移されること自体まずないと思いますが、そう
なった場合で、かつ、権利面での対応の心配をしなければならないような
関係にしかなれない相手に移った場合、、、となると、、(@_@!) 
僕の感覚では「そりゃそのとき考えましょうか」ですね。(^_^!!)

おっしゃるような「不安」を感じるか感じないかの閾値(しきいち)
が、相手との関係次第で大きく変動するため、相手を仮定しない事前の
準備をするのが難しすぎる、と思ってしまいます。
現実離れしてるかなあ。。。

まあ良い機会ではあるので、少し法的なことを勉強してみるのがいいっ
てことですかね。

でわでわ							Yasu.