Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Tue, 20 Jan 2004 23:17:11 +0900
From:  "tadokoro" <netnavi2000 (at mark) jcom.home.ne.jp>
Subject:  [coba-o:00317] Re: Blue Quartz Projectのお手伝い
To:  <coba-o (at mark) open.cobaltqube.org>
Message-Id:  <003101c3df60$18b119e0$1f31c2d2@91uoyyptipkbejn>
References:  <20040120004527.DE8D.ORIDE (at mark) gachapom.jp> <400CE4C5.1010706 (at mark) alpha.or.jp>
X-Mail-Count: 00317

>
> > このBlue Quartz Projectですが、私の様なあまり知識&技術がない人は
> > どのような形でお手伝いすればよいでしょうか?
> >
> >   ・ソースコードをみてもよく分からない。
> >   ・英語のメールを見ても拒否反応が出つつも何とか読もうと努力はする。
> >   ・HTMLやPHP、サーバ設定など中級程度は何とかすることができるが
> >     それより難しいものなると泣き出してしまう。
> >   ・とりあえず、誰よりも早くBlue Quartzを実用可能なものにしたいと
> >     強く思っている。
> >
> > というな人にしてみれば、このProjectにどう関わって行けばいいのか悩んで
> > しまいます。とりあえず、Linuxにすぐ利用できるパッケージがでるまでは
> > 見守る方法が良いのでしょうか?
>
> 一応,必要なパッケージをインストールしてもらって,cvs から cce, ui を
> checkout すれば,make rpm で作成できると思います.
> ただ,今のままでは完全に動作しないという部分があります.
> ほとんどは,コンフィグファイルの場所やバージョンによる書き方の違い等を合
> わせればよさそうですが,まだ確実にログインできるところまでできていません.
>
>
> > とりあえず、分業化できればいいかなとは思いますがいかがでしょうか?
>
> ぜひ,お手伝いいただきたいと思います.
> もう少し調整すればα版レベルですが,RPMS をインストールすることでテストく
> らいはできるようになると思います.その時には RPMS を anonymous FTP でと
> れるところに置きますので,もう少し時間をもらえればと思います.

お久しぶりです。
皆さんのご活躍を指をくわえながら眺めています。
私も技術レベルが低くてお手伝いという程の事は出来ませんが
α版レベルのRPMS が出ましたらいろいろテストさせてください。
とにかく毎日皆様のメールのやりとりを見ながら進捗確認させていただいています。
α版レベルのRPMS の登場を首を長くしてお待ちいたします。^^