Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Wed, 23 Mar 2011 11:30:12 +0900
From:  "Hideki Oride" <oride (at mark) gachapom.jp>
Subject:  [coba-o:02277] Re: xinetd配下のスクリプトの挙動
To:  coba-o (at mark) bluequartz.org
Message-Id:  <20110323113012.6C9F.8EEF79AC (at mark) gachapom.jp>
In-Reply-To:  <20110323093903.6A03.C915092C (at mark) mutuki.com>
References:  <20110323093903.6A03.C915092C (at mark) mutuki.com>
X-Mail-Count: 02277


折出です。

CODBの情報が不正確になっていることで発生しているのかも知れません。
一度管理画面からPOP3サービスをOFFにして設定を保存し、再度
ONにしてみたら状況は変わりませんでしょうか?


> BQ MLの皆様、お世話になっております。
> 
> /etc/xinetd.d/配下にあるpop3サービスなのですが
> サーバー再起動後、勝手にdisable=yesに書き換わってしまうのですが
> どなたか原因と対処方法がわかる方いらっしゃいませんか?
> 
> > # qpopper config file for xinetd
> > service pop-3
> > {
> >         disable = yes
> >         flags       = REUSE NAMEINARGS
> >         socket_type = stream
> >         protocol    = tcp
> >         wait        = no
> >         user        = root
> >         server      = /usr/sbin/in.qpopper
> >         server_args = in.qpopper -s
> >         instances = 80
> > }
> 
> 今は再起動時に毎回手動で書き換えxinetdの再起動をするようにしているのです
> が何か対応策があれば、と思いメールさせて頂きました。
> 
> 以上よろしくお願いいたします。
> 
> ----
> Kuniyasu
> 
> 


--------------------------------------------------
 ガチャポン!              http://www.gachapom.jp/
     Hideki Oride             oride (at mark) gachapom.jp
--------------------------------------------------