Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Wed, 23 Mar 2011 09:39:04 +0900
From:  Noritaka Kuniyasu <kuniyasu (at mark) mutuki.com>
Subject:  [coba-o:02276] xinetd配下のスクリプトの挙動
To:  BlueQuartz ML <coba-o (at mark) bluequartz.org>
Message-Id:  <20110323093903.6A03.C915092C (at mark) mutuki.com>
X-Mail-Count: 02276

BQ MLの皆様、お世話になっております。

/etc/xinetd.d/配下にあるpop3サービスなのですが
サーバー再起動後、勝手にdisable=yesに書き換わってしまうのですが
どなたか原因と対処方法がわかる方いらっしゃいませんか?

> # qpopper config file for xinetd
> service pop-3
> {
>         disable = yes
>         flags       = REUSE NAMEINARGS
>         socket_type = stream
>         protocol    = tcp
>         wait        = no
>         user        = root
>         server      = /usr/sbin/in.qpopper
>         server_args = in.qpopper -s
>         instances = 80
> }

今は再起動時に毎回手動で書き換えxinetdの再起動をするようにしているのです
が何か対応策があれば、と思いメールさせて頂きました。

以上よろしくお願いいたします。

----
Kuniyasu