Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Wed, 29 Sep 2010 19:01:33 +0900
From:  "Hideki Oride" <oride (at mark) gachapom.jp>
Subject:  [coba-o:02227] Re: LVMやパーティションの数
To:  coba-o (at mark) bluequartz.org
Message-Id:  <20100929190133.7893.8EEF79AC (at mark) gachapom.jp>
In-Reply-To:  <B44D0543C2274211BD4E3383EED84E8D@bird>
References:  <20100925152532.8A9B.8EEF79AC (at mark) gachapom.jp> <B44D0543C2274211BD4E3383EED84E8D (at mark) bird>
X-Mail-Count: 02227

折出です。

>  Linuxをインストールする際のファイルシステムに
>  ついて、LVMや普通のext3などがありますが
>  皆さんはどれを使ってるんでしょうか

自分はデフォルトのままで運用していますね。
LVMでないとスナップショットが取れないのと、ディスク拡張ができる点が
大きいですね。
# ext3のファイルシステムで効率的なバックアップができれば問題ないのですが…

それなりの規模のところになると、ストレージ側でその辺の機能を
有してたりするのでLVMにしなくてもいいという考えもあるのかも知れませんね。


「LVM 負荷」で調べると以下のエントリがありました。
http://d.hatena.ne.jp/kazuhooku/20100119/1263876978

>  LVMのデメリット
>     インストールに多少時間がかかる
>   パーティションが壊れた際の修復などは困難

確かに逝ちゃったときの修復は大変ですね。
LVM構築する際でもlvcreateとかvgcreate pvscanなど、
呪文の様にコマンドを叩かないといけなくて、
「今何をしているんだろう?」という状況に何度も陥りますからね。


TLASはLVMではインストールされていないですね。
Classcatさんはどうなんでしょうかね?

VirtuozzoやOpenVZを利用した仮想化環境では仮想インスタンスからは
ファイルシステムが把握できませんね。


他の事業者さんの話も是非聞きたいですね。

--------------------------------------------------
 ガチャポン!              http://www.gachapom.jp/
     Hideki Oride             oride (at mark) gachapom.jp
--------------------------------------------------