Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Fri, 22 Dec 2006 11:15:49 +0900
From:  "Takumi Yachita" <yachita (at mark) mubit.co.jp>
Subject:  [coba-o:01743] Re: TLAS2 の管理画面への Foward 	について
To:  <coba-o (at mark) bluequartz.org>
Cc:  <yachita (at mark) mubit.co.jp>
Message-Id:  <00c801c7256f$20fede40$1764a8c0@bird>
References:  <458B33DB.1080300 (at mark) kohkoku.co.jp>
X-Mail-Count: 01743

ムービットのやちたです


> はじめまして、今までRaq4を使っていたのですが、先日水没したため、TLAS2
> を使い始めて、1週間の小野崎といいます。

> ムービットさんのPoweredBLUE666を、購入設置し、メールの配送や、DNS情報の
> 公開等実動作するよう設定したのですが、
> 初期状態でのみ動作しているはずの、HTTPでアクセスした時の、Port444の管理
> 画面へのフォワードが、解除されません。
>
> その為、仮想サイトを作っても、総て管理画面へと誘導されてしまいます。

 外から見た様子では
 1)dnsサーバー名の記述がないようです



 一般的なPowered BLUE B666の設定に関しては

 1)管理用のサーバー名をつける
  GUIの444ポートでアクセスできます
  例) ns.xxxx.co.jp
     IP address  xxx..yyy.zzz.t

  2)仮想サイトを作成
  例) www.xxxx.co.jp
           IP address  xxx.yyy.zzz.t(同一IPの場合)
                           xxx.yyy.zzz.w (異なるIPの場合)

      ユーザーアカウントは仮想サイトに作ります
      管理用サーバー名と仮想サイト名は異なります

 3)DNSを適切に設定します



やちた@(株)ムービット
        〒114-0002 東京都北区王子1-28-6-3F
        tel 03-5390-3553   fax 03-5390-3650
        E-mail yachita (at mark) mubit.co.jp
        http://www.mubit.co.jp