Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Tue, 18 Jul 2006 11:23:00 +0900
From:  toki <yuge (at mark) videca.ne.jp>
Subject:  [coba-o:01599] RAID の設定顛末&乞ご意見
To:  coba-o (at mark) bluequartz.org
Message-Id:  <3FB7FD9D-8417-48B1-B43A-F2D0D3921C53 (at mark) videca.ne.jp>
In-Reply-To:  <44758B81.1040903 (at mark) cybertron.co.jp>
References:  <44745BBE.60308 (at mark) cybertron.co.jp> <20060525180610hn-hF= (at mark) drive.co.jp> <44758B81.1040903 (at mark) cybertron.co.jp>
X-Mail-Count: 01599

[coba-o:01542] で RAID の設定は何処?と質問したユゲです。

 すっかり遅くなってしまいましたが堀田様、情報ありがとうございま 
した。成果が出てから投稿しようと思っていたらこの始末…。
 つまり、結局のところうまく行きませんでした。機種は NEC  
の i110RA-h というラックマウントサーバです。ハーフラックで 
ちょっと RaQ っぽい。見た目は全ッ然デザイン性のかけらもな 
く無骨ですが。
 PowerEdge SC430 でも状況は同じで、堀田さんのところで動い 
ている実績があるのだからと、iso ファイルのチェックや CD- 
R 焼き直しも試して粘りましたが、インストーラが異常終了してしまう 
状態は解消できずで、ついに諦めて標準の CentOS インストール 
から RAID の設定を行ない、ここに BlueQuartz を追加す 
る方法に切り替えました。
 RAID の設定は色々なサイトを参考にさせて頂いて設定出来ま 
したが(後でまとめます)、後からの設定では  
BlueQuartz の管理画面からの認識はされない様です。RAID の状 
態が見えないんじゃ意味は半減で、このあたりももう少し頑張りたいと 
ころです。

 さてそうして紆余曲折がありながらめでたく(?)インストール 
出来た BlueQuartz だったのですが、またトラブルに見舞われて 
います。どなたかご存知でしたらご教示下さい。

 インストール直後は何の問題もなかったのですが、出来たはずの新規 
ユーザ登録が出来なくなってしまいました。 BlueQuartz 画面か 
ら登録しようとすると「cantDisableUserShell」というエラーが 
出てしまいます。
 /var/log/messages を調べてみると

Jul 18 04:39:33 bq2 cced(smd)[5155]: client 7:handlers/base/user/ 
updateCapabilities.pl: SET  253 capabilities = ""
Jul 18 04:39:33 bq2 cced(smd)[5155]: client 7:handlers/base/user/ 
updateCapabilities.pl: SET succeeded
Jul 18 04:39:33 bq2 cced(smd)[5155]: handler handlers/base/shell/ 
user_shell.pl failed
Jul 18 04:39:34 bq2 cced(smd)[5155]: client 7:[48:2239]: CREATE failed

という記録がありこの user_shell.pl が問題の様で、このスク 
リプトを見てみると

# if the user is suspended or shell is turned off, set shell to non-bash
my $fail_msg = '';
my $new_shell = $MyShell::BAD_SHELL;
if (!$user->{enabled} || !$shell->{enabled} ||
     (exists($vsite_shell->{enabled}) && !$vsite_shell->{enabled}))
{
     $fail_msg = '[[base-shell.cantDisableUserShell]]';
     $new_shell = (!$user->{enabled}
                             ? $MyShell::SUSPEND_SHELL :  
$MyShell::BAD_SHELL);
}

という部分があって、これがエラーメッセージの元になっている様です。

 これはコメント文からすると「ユーザがサスペンドされていたりシェ 
ルが無効になっている場合に non-bash を割り当てる 
(?)」ということなんですが、残念ながら何を意味するのかが分かりま 
せん。

 一つ思い当たるのは、直前にコンソールから root でログイン 
した際に KDE の画面でアップデートのアラートが出て、深く考 
えず OK してしまったことです。
 ログから見てそれは up2date で、作動した様な記録がありま 
す。

【up2date.1の記録】
[Mon Jul 17 16:40:49 2006] up2date availablePackageList from network
[Mon Jul 17 16:40:49 2006] up2date Unable to import repomd support so  
repomd support will not be available
[Mon Jul 17 16:42:16 2006] up2date installing packages:  
['pam-0.77-66.14', 'sendmail-8.13.1-3.RHEL4.5', 'sendmail- 
cf-8.13.1-3.RHEL4.5', 'sendmail
-doc-8.13.1-3.RHEL4.5']
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
pam-0.77-66.14.i386.hdr
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
pam-0.77-66.14.i386.rpm
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
sendmail-8.13.1-3.RHEL4.5.i386.rpm
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
sendmail-8.13.1-3.RHEL4.5.i386.hdr
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
sendmail-cf-8.13.1-3.RHEL4.5.i386.rpm
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
sendmail-cf-8.13.1-3.RHEL4.5.i386.hdr
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
sendmail-doc-8.13.1-3.RHEL4.5.i386.rpm
[Mon Jul 17 16:42:50 2006] up2date deleting /var/spool/up2date/ 
sendmail-doc-8.13.1-3.RHEL4.5.i386.hdr

 とにかくここ位しか動かしたところは無いので、root で実行 
したために何かパーミッションが書き替わってしまったとか、そういう 
ことではないのかと想像してみるのですが、では何処をどう復旧すれば 
良いのかさっぱり見当がつきません。ググッてみると NuOnce で 
も(たぶん)同じ質問をされている方がいるのですが、残念 
ながら回答は付いていない様でした。

 そういうことでレアケースなのかも知れませんけれども、何かヒント 
になる様なことがありましたら、ぜひご意見よろしくお願い致します。

==================================================
ユゲ トキヤス YUGE Tokiyasu
E-mail:yuge (at mark) videca.ne.jp 
==================================================