Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Mon, 18 Apr 2005 11:53:01 +0900
From:  Hisao SHIBUYA <shibuya (at mark) alpha.or.jp>
Subject:  [coba-o:01232] Re: 本日のプレスリリース2
To:  coba-o (at mark) bluequartz.org
Message-Id:  <4263210D.1040007 (at mark) alpha.or.jp>
In-Reply-To:  <026101c5421c$a386dfd0$7bfda8c0@TAKE>
References:  <20050415202443.5A5F.ITOH (at mark) b-mark.nu> <026101c5421c$a386dfd0$7bfda8c0 (at mark) TAKE>
X-Mail-Count: 01232

渋谷です。

> 今回は MacMini対応版がリリースされ、びっくりしています。

まだ、CentOS 4.0 for ppc がβなので yum がエラーになったりしてはいます
が、基本的な部分は動作するようになりました。


> 確認なのですが、BlueQuartzの開発はFCベースからCentOSベースへ
> 切り替わったということでしょうか?

私の開発のベースは CentOS 4.0 に移っていますが、ディストリビューションに
依存するパッケージ(pam, pwdb, httpd, sendmail ...)以外は共通ですので、
rebuild すれば、特に問題なく FC1 でも動作するようになっています。


> FCベースのメンテナンスは終了してしまうのでしょうか?

最新の yum では、Fedora legacy と BlueQuartz の 2 つのリポジトリを設定し
ていますので、OS の基本部分は Fedora legacy でアップデートをし、それ以外
の BlueQuartz で配布しているところは、BlueQuartz からアップデートするよ
うになっています。
ですので、当面メンテナンスは継続して行います。
基本的には SRPMS を rebuild するだけでいけるようにはなっていますので、
Fedora legacy がサポートをやめるくらいまでは続けようと思います。


> それとお願いなのですが、ニュースリリースをWebページのほうにも
> 反映してもらえるといいかなと思います。
> イベント情報も併せて更新していただけると、ありがたいです。

担当の方よろしくです。

shibuya (at mark) alpha.or.jp