Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Fri, 15 Apr 2005 20:19:02 +0900
From:  Masahiro ITOH <itoh (at mark) b-mark.nu>
Subject:  [coba-o:01226] Cobaltユーザ会,OSCJ.netの立ち上げに協力
To:  coba-o (at mark) bluequartz.org
Message-Id:  <20050415201245.5A47.ITOH (at mark) b-mark.nu>
X-Mail-Count: 01226

こんにちは。伊藤@b-markです。

Cobaltユーザ会は,OSCJ.net の立ち上げに協力しました。

----------------------------------------------------
オープンソースソフトウェア(OSS)開発プロジェクトとOSS を支援するIT 企業、
オープンソースソフトウェアの開発推進と普及啓蒙のためのグループを立ち上げ

日本を代表するオープンソースソフトウェア(以下OSS)プロジェクトであるProject
BlueQuartz、Ninja-VA、Seasar プロジェクト、uCLinux for H8 と、OSS を支援するIT
企業(下記の参画企業リストを参照)8 社は、OSS の普及啓蒙とともにソフトウェアの技
術・産業の発展に貢献することを目的として、OSCJ.net(オーエスシージェイネット、Open
Source Collaboration Joint Network の略)を立ち上げ、4 月15 日より活動を開始いたしま
す。
世界のOSS 開発は、Apache Software Foundation やEclipse Foundation など、OSS
コミュニティとOSS 支援企業が一体となって、グループや非営利・営利団体を設立し、OSS
開発基盤の提供や情報受発信を行っているケースが少なくありません。日本語対応という
独特の要求項目がある日本国内のOSS 開発においても、開発基盤や情報受発信が行える環
境が望まれており、そのようなニーズに十分こたえることのできるグループとして、
OSCJ.net は形成されました。以下のサービスを提供することにより、日本におけるOSS
開発コミュニティの活性化に貢献します。
 ソフトウェア開発基盤
 ソフトウェア開発プロジェクト向けサーバハウジング
 オープンソース関連情報
 ソフトウェア開発プロジェクト運営支援
OSCJ.net の運営は、運営委員会、事務局、アドバイザリーボード、協力団体が行い、初
代の運営委員長には株式会社テンアートニ代表取締役社長喜多伸夫氏が就任、事務局
を株式会社テンアートニ内に設けています。
OSCJ.net は今後、支援する国内外のOSS 開発プロジェクトの数を増やし、初年度10 プ
ロジェクト程度を支援する計画です。また、アドバイザリーボード、協力団体への参画も
国内外の個人や有力企業に広く呼びかけ、グループの活性化を図ってまいります。
<OSCJ.net 参画企業> *五十音順
株式会社オライリー・ジャパン
株式会社グルージェント
CollabNet, Inc.
株式会社コンポーネントスクエア
株式会社テックスタイル
株式会社テンアートニ
日本SGI 株式会社
株式会社びぎねっと
ユニアデックス株式会社
* 記載されている会社名、団体名、および製品名は、各社・各団体の商標または登録商標
です。

■ OSCJ.net のお問合せ先(記事掲載の場合はこちらをご利用ください):
OSCJ.net 事務局江後田、松井
(株式会社テンアートニ事業開発室内)
e-mail: info@xxxxxxxx
----------------------------------------------------

------------------------------------
■ブロードバンド放送局
http://www.showtime.jp/
------------------------------------
STUDIO Bookmark 代表 伊藤 正宏
itoh (at mark) b-mark.nu (ML用)
------------------------------------