Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Wed, 3 Sep 2003 03:10:19 +0900
From:  おだ まこと <oda (at mark) cobaltresq.com>
Subject:  [coba-o:00093] Re: LCDについて
To:  coba-o (at mark) open.cobaltqube.org
Message-Id:  <B64E1543-DD70-11D7-A40C-000A956F3ABE (at mark) cobaltresq.com>
In-Reply-To:  <20030903011708.4026.YASUHIRO (at mark) yamamoto.net>
X-Mail-Count: 00093

おだ@CobaltResQです。

> 上記の記事で使われたのは、秋月電子通商のシリアル接続型のLCDディスプレイ
> キットで、
> シリアル液晶表示キット(PICLCDキット)20x4行タイプ 4,300円
> シリアル液晶表示キット(PICLCDキット)16x2行タイプ 2,700円
> と比較的安価(キットなので組み立ての必要あり)。
>
> LCD コントロールパネルですが、以下URLも参考になりますよ。
> http://www.mv.net/ipusers/cdwalker/lpt_driver.html
> http://www.linuxfocus.org/English/May2002/article236.shtml
> http://www.linuxnetmag.com/en/issue5/m5lcd1.html
>

去年あたりのUNIX Magazineで斉藤先生がUSBからloadアベレージをLCD表示
するようなプログラム(kenernel land)を連載していましたね。

レガシーデバイスが削られて行くし、内蔵のことも考えるとUSBでコントロール
できるというのもよいなぁと思ったりするのですが、僕はkernel周りや半田は
苦手なので手がでません。;-(


----
小田 誠 (Oda Makoto)           e-mail: oda (at mark) cobaltresq.com
コバルトレスキュー/CobaltResQ  http://www.cobaltresq.com/
Powered by ALIVENET/ (at mark) SERVER    http://www.alive.ne.jp/